地盤調査の裏技

Pocket

やってみないと結果は分からない地盤調査。

有料ですので大体ご契約頂いた後の調査となる事がほとんど。有料工事による追加が出てしまったら痛いですよね!なるべく改良工事が出ないことを祈るばかりですが、こればっかりはどうにもなりません。

施工業者も地盤調査に基づく結果に従って頂けないと保証できないのです。

ところで。

この調査結果による判断は調査会社がしているわけではありません。保証会社がしているのです。ちなみに私がいつもお願いしている保証会社は調査結果に従えば(従うしかないのだが)、万が一地盤が原因による建物の瑕疵が出てしまった場合、最大5000万円の保証が約束されています。

つまり保証会社が保証できるかどうかで有料工事が発生するかしないかが見極められるのです。

こんなことがありませした。

調査結果では微妙な地盤で調査員もわからないな~と首をかしげる土地でした。保証会社に解析して頂いたところ、改良工事により保証すると回答が返ってきました。

しかし、あまりにも微妙なデータだったので、もう1社に解析を依頼したところ改良工事は不要と回答が返ってきました。

お施主様に相談したところ、やらなくていいのならやらないでいいです。と・・・。(そりゃそうなりますよね。)

私たちも保証がつくのであれば問題なく工事に進めるわけで。

保険だと思えば

我が家は地盤改良有りでした。ちなみに栃木市は比較的強い地盤といわれていたのですが、我が家は軟弱地盤でした。80万円かかりました。それがあれば何ができたであろうか!

しかし、引き渡し後の翌年に東北大震災が発生。とりあえず住まいは被害なし。妻と改良工事しておいてよかったね!となりました。ちなみに、栃木県矢板市では崖崩れが発生しましたが、改良工事をやっていたお陰で家は崖に崩れることはなく、杭が住まいを支え続けていました。

もし、地盤に難ありというデータが出てきたらやっておいた方がいいですよ。