超高気密高断熱住宅

Pocket

超高気密高断熱住宅が標準仕様です。

日本は地球温暖化の緩和のために低炭素型の社会を目指し進めていくことを目標にしています。また、先の大震災がきっかけとなり、より省エネルギー化に努めていくことも求められています。しかし、現実は企業などの努力により二酸化炭素の削減は進んでいるものの、個人レベルでの削減は中々進んでいません。

一方では少子高齢化が進んでいます。それに伴う医療費や介護費の増加が私たちの大きな負担となっています。そして今後さらに負担は増していきます。そのため、高齢者が健康で長生きをし、自宅でご家族と共に快適に暮らしていくことは、本人は勿論、ご家族の身体的・経済的負担をやわらげ、国や地方など社会にも良い影響を与えることが出来ます。

「省エネ・健康」この二つの問題を一気に解決することが出来るのが「超高気密高断熱住宅」なんです。

2×6工法で北海道でも建てられるレベル

私たちが採用している工法は2×6工法。140㎜の高性能グラスウール、隙間を無くすべーパーバリア、360㎜の小屋裏吹込みグラスウール、そして基礎断熱により簡単に言えば超高性能の魔法瓶のような住宅を造り上げます。外気の影響を受けず、暑い夏でも、寒い冬でも温度変化がなく、快適に過ごすことが出来、ヒートショックやインフルエンザなどの病気やウイルスから身を守る生活が可能となります。温度変化がないのでエアコンなどの冷暖房も最小限の光熱費で抑えることが可能です。その性能は北海道でもZEHとして建てられるレベルの高性能です。

住宅取扱い説明書「健康編」差し上げます!

施工範囲内(栃木県・群馬県一部・茨城県一部)の方限定で月3名様まで無料で住宅取扱い説明書「健康編」をプレゼント致します。赤ちゃんから高齢の方まで健康に過ごすための工夫や知恵が沢山のっています。これからの家づくり、リフォームに大活躍する書籍です。

カタログ請求と一緒にメッセージ欄に「健康編希望」みたいな感じでコメントください。月3名様までの早い者勝ちではありますが、これからの新築計画、リフォーム計画にお役立てください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です