住宅のデザイン

Pocket

デザインとはなんなのか?

住宅にはいろいろなデザインがあります。和風から洋風、和洋折衷、モダン…。

ところでデザインは何のためにあるかご存知ですか?

北欧デザインって聞いたことあると思いますが、北欧は世界的に認められたデザイナーが多い事で有名です。北欧はなんでそんなにたくさんのデザイナーを排出しているか。

北欧は冬が長く、とても寒い地域です。必然的に家の中で過ごすことが多くなるのです。ですから、北欧の人々は家の中にいても楽しく過ごせるよう昔から家の中のインテリアなどデザインで毎日を楽しんできたのです。その生活が今の北欧デザインに繋がってきています。

日本にも昔からデザインはありました。日本では開放的なお家が多いです。夏場の風通しを考えた心地よい設計のためなんですが、それと共に解放感を演出し、お庭と一体感を持たせるためでもありました。

土地が狭く、どうしても窮屈に感じてしまう日本ではお庭とのつながりを持たせることで広がりを感じ、そして庭を通じて四季の変化を楽しみ毎日を過ごしていたのです。

デザインは楽しむためのもの

デザインとは毎日を楽しく過ごすためのものです。デザインがある事によって、美しいと思い、きれいだと感じ、四季の変化を楽しみ、自分自信の心のゆとり、家族団らん、友達みんなに喜んでもらえる、おもてなしの心、それがデザインです。

毎日を楽しみたい。という心のゆとりがデザインを様々なデザインを生み出すのです。そして、その家に住むあなたがデザイナーとなるのです。センスなんて必要ありません。自分が、家族がみんなが喜んでくれればそれがデザインになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です