高気密住宅の注意点

Pocket

高気密住宅は計画換気の計画性が高まり、より外気の影響を受けにくくなります。

したがって花粉やPM2.5などの外気の影響を受けにくく、室温の変化(天井と床、部屋間)も生じにくくなります。簡単に言えば超高性能の魔法瓶のような建物になりますので少ない力で暖めたり、冷やしたりできますので、光熱費も抑えることが出来るようになります。

快適な高気密住宅ではありますが、もちろんデメリットもあります。

換気システムが常に正常に働いているというのが前提になります。もし、換気システムを止めてしまうと外からの空気の流入が無くなります。あっという間に室内の空気はよどんで汚れていきます。この換気システムですが、もちろん機械ですのでいずれは壊れたり性能が落ちてきたりします。そのために点検はもちろん、修理や交換が必要になってきたりします。

特に冬場は窓を開けて換気というのもあまり無いと思いますので、換気システムに頼らざるを得なくなります。

高気密住宅でのきれいな空気で生活するためにご注意ください!

石川

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です